飲まない生活を気楽にやろう!

20代にアルコール依存症や強迫性障害、処方薬依存、ひきこもりなどで苦しんだ経験を綴ります。重くなりすぎないように(笑)気楽に綴れたらと思いますが、生来、生真面目なため、うまくいくことやら(^_^;)

アルコール依存症は病気

アルコール依存症になると、独力ではお酒をやめられなくなる。まれに、誰にも頼らず断酒している人もいるらしいが。一生、病院やその他施設に閉じ込められて物理的に飲めなくなる、という例を除けば、独力でやめているアルコール依存症者を見たことはない。


AAでは、それを「アルコールに対して無力」と表現するけれど、本当にそう思う。ただ、このことを頭で、理解しているのと、感覚として体に染み付かせることは、僕の経験上、全く違う、という感じがする。


頭で、いくら飲んではいけない、と思っていても手を付けてしまう(自制できない)ことが、アルコール依存症が、意志薄弱ではなく、病気(疾患)と言われる所以なのだと思う。 病気でない、健康的な人であれば、体や仕事のことを考慮して、「今日はこれぐらいにしておこう」とコントロールできる。


アルコール依存症者である僕は、それができない。


ミーティングのなかで、同じアルコール依存症者の話しを聞きながら、確かに僕も、止めなきゃ止めなきゃと思いながら、止められなかったことを思い出したとき、意志が弱かったからではなく、精神が狂っていたから止められなかったのだと、納得できた。


それは知識や情報として提示されたからではなく、僕以外にも、おかしな飲み方をして、苦しんでいる人がいることを、見聞きしたから、そして、その人たちの話しを通して、自分も病気だと思えたからだと思う。この世に、自分しか、おかしな飲み方をしている人がいなかったら、決して病気を認めることは、できなかったはずだ。