飲まない生活を気楽にやろう!

20代にアルコール依存症や強迫性障害、処方薬依存、ひきこもりなどで苦しんだ経験を綴ります。重くなりすぎないように(笑)気楽に綴れたらと思いますが、生来、生真面目なため、うまくいくことやら(^_^;)

疲れたら休む

おはようございます!


昨夜は、仕事帰りに自助グループのミーティングに出て銭湯に寄って帰りました。


僕の場合、疲れやストレスがたまってくると被害妄想的な考えや、自責の念にとらわれる傾向にあります。


その状態を放っておくと被害妄想が、ただの自分の思い込みなのか、現実的に何かを被害を被っているのかすらわからなくなってきます。


同様に、本当は自分を励ましたり労ったりしていい状況で、自分を責め続けるという狂気の悪循環に陥ります。


経験的に、疲れが取れると被害妄想は消えるか


「あぁ、あれは自分の思い込みだったんだ」


あるいは


「必要以上に物事を悲観する自分の性格からくるものだったんだ」


というふうになり、落ち着いてきてホッとします。 また必要以上に自分を責めることもなくなってきます。


これだけでもだいぶ救われます。


飲んでいたときには、こうしたことがわからずに、被害を被っていないのに相手への不信から疑ったり、自分を責め続け、うつ状態になったり、が延々と続いていました。


そんなことに気付けてよかったと感じてます。