飲まない生活を気楽にやろう!

20代にアルコール依存症や強迫性障害、処方薬依存、ひきこもりなどで苦しんだ経験を綴ります。重くなりすぎないように(笑)気楽に綴れたらと思いますが、生来、生真面目なため、うまくいくことやら(^_^;)

アルコール依存症に気づくまで…

私がメンタルの不調(人間関係、その他のストレスからくるノイローゼ状態)を初めて感じて心療内科を訪れたのが21歳でした。言い換えればメンタルの問題解決に向けて行動した、ということです。


ところが、それからノイローゼ状態を含めたメンタルの本質的な問題(その中核は私の場合はアルコール依存症でした)に向き合い、解決に向けた行動が取れるようになるまで10年近く、時間がかかりました。


10年近くかかったワケや経緯に関しては、別の機会に書きたいと思います。

今回、私が言いたいのは、自分の経験から、アルコール依存症に気づくまでにはものすごく時間がかかった、ということです。私のように、アルコール依存症に気づくまでに長く苦しむ人が、一人でも減ってほしい、私のように苦しんでほしくない、というのが私の願いです。おこがましいかもしれませんが。