飲まない生活を気楽にやろう!

20代にアルコール依存症や強迫性障害、処方薬依存、ひきこもりなどで苦しんだ経験を綴ります。重くなりすぎないように(笑)気楽に綴れたらと思いますが、生来、生真面目なため、うまくいくことやら(^_^;)

正直になること

こんにちは。


自助グループではよく「正直になれ」と言われます。僕自身も、酒を止めていくうえで、正直になることが大事だったと感じていますので自分なりに感じていることを書きたいと思います。


酒を止め、自助グループのミーティングのなかで、少しずつ自分の酒の問題を話し始めました。


19歳で飲み始めた、最初のころから飲むと吐くまで止まらなかったこと。母の遺産も、飲み代遊び代で、すぐに使い果たしたこと。22歳頃にはブラックアウトがあったこと。女性に会うときは、たいがい酒が入っていたこと。酒を飲まないと通学できなかったこと。24歳頃には、薄々、酒の問題を感じ始めて、盆と正月だけに飲むように決心したこと。その決心も、2年後には崩れ去り、酒量が増えたこと。酒がダメならと、処方薬のオーバードーズもしていたこと。結果として仕事はおろか社会生活も送れなかったこと。自殺未遂したこと。友達が離れたこと。リハビリ施設に3回もお世話になったこと。自助グループに来てからも2回も再飲酒したこと。


こういったことを話せるようになるには、すごく時間がかかりました。


お酒の問題が話せるようになったときは、すごい解放感でした。「こんなに若くしてアル中のはずがない」、「まだそこまでひどくない」となんとかしてアル中を否認していたのですが、否認するエネルギーすらも最後はなくなり、問題を受け入れはじめたとき、少しずつ楽になった実感があります。


それから、酒以外のことで正直になることも、お酒のことに対して正直になることと同じくらい大事だと感じています。


僕は学生時代、一応(笑)英語をしていました(実際には、サークル活動と飲み会に明け暮れる日々でしたが)。卒業後、酒でつぶれる前の数ヵ月だけ、英語に関連した仕事にも就きました。


こういう話しをすると「英語ペラペラなんでしょ?」と、よく自助グループの仲間に言われましたが、そんなこともなく(笑)英検二級レベルで、しゃべりかたもブロークン、片言です(^^;


今は英語とは全く無縁の仕事だし、英語の勉強からも長らく遠ざかっています。


でも、酒を止めた当初は、英語ペラペラのカッコいい俺様(笑)が頭のなかで、妄想上、存在しており、片言ブロークンの等身大の自分のことは、なかなか話せませんでしたが、時間とともに、そういった酒とは無関係のことも、話せるようなり、すごく恥ずかしかったけれど、癒しのプロセスだったと感じています。


長々とすみません😣💦⤵

読んで下さりありがとうございます。